SAUNIST

サウナ、サウナー、サウニスト

済州島(チェジュトウ)を回想する会

 どうもこんにちは。GWに海外旅行も一部解禁になるといったニュースもあり、解禁日となるX-DAYはもうすぐそこまで来てますね👍 本日は、3年前に行った韓国の済州島についての記事を書いていきます🤙 過去を回想し、来たるべきX-DAYに向けて妄想を改めて膨らませていこうと思います😁 お時間あれば覗いてみてください👀


見出し画像

①Hobong-toastwich-

 旧済州の市街地の一角にあるトースト屋さん。見た目はすっごくシンプルなんですけど、チーズが溶き卵に包まれ、はちみつ、ベーコンとともにサンドされておりました。日本では中々味わえない味でした🤤チェーン店なのかな〜派手すぎず、ローカル感がすごく好きでした👍
画像1

②済州東門市場

 ここも旧済州に位置しており、屋台が20店舗以上出店され非常に活気がありました。金沢の近江町市場の2倍以上はあるんじゃないかな〜 主食から甘味処まで、食べ歩きだけでお腹いっぱいになります。3年前は、北陸で揚げたてのチュロスなんて夢のまた夢でした。が、最近は白山イオン、鯖江アルプラザにと、揚げたてを食べれる店が増えてきましたね😆韓国の流行は福井の3年先を行っているのでしょうか...笑

↓デザインもCHILLってますね
画像2


↓8番ゲート付近に屋台が並んでおります。画像3

③ABOUT COFFEE

 数あるカフェの中で僕がもっともおすすめしたいカフェになります。
Hotel Regent Marine Jejuから徒歩3分くらいで最高のカフェにたどりつけます。リーズナブルにも関わらず、店内はすごく広く(3階までカフェ)、内装もブルックリンスタイルですごくオサレです! こーゆーところでデスクワークしたいなと汗 営業時間も7:00-23:00となっており、旅の思い出を語るスポットには最適です👍

↓コーヒーとケーキセット✖︎ 2 (合計1000円)

画像4

 

 

④美術館

■ボンテミュージアム

様々な作品があるなかで、”光の空間”が1番映えていたと思います!日本だとこのような映えスポットは激混みですが、ここは人も少なく、中々の穴場スポットでした。

↓電球の色が移り変わり、幻想的🏃‍♀️

画像5

↓Studio of the test pattern画像6

↓Golden fish in the radio 
金魚をテーマにした作品ってなんか親近感湧きます画像7

 

■”BUNKER de LUMIERES”

この美術館はちょっと立地が悪いんですが、フロア全体のプロジェクションマッピングが芸術的でした。西洋のステンドグラス・絵画チックな鮮やかな演出が多かったですね。

 

 

プロジェクションマッピング(ちょっと酔った...)

画像8

↓美術館の庭にある壁。自然のパワー感じますね〜

画像9

↓めちゃいい感じのコーヒーショップがありましたが、コーヒー飲みすぎてここはスルー

画像10

⑤サムギョプサル

一度は食べてみたかったサムギョプサル〜!日本の焼肉と違って、店員さんが全部調理してくれるのがいいですね〜
黒豚通りで1番人気っぽかった店をチョイス。人が人を呼ぶ...?
同じような店が乱立していたので、お店選びが難しかったですね。

画像11


⑥城山ハイキング

ご覧の通り、私服で登れるハイキングスポットです。島の東端に位置するため、先ほどご紹介したBUNKER de LUMIERESとセットで行くといいかもです。30分くらいで頂上まで登れるので、普段ハイキングしない人(自分も含め)にもおすすめできるスポットかなと思います! ※スニーカー以上の靴をおすすめします。

画像12


以上、済州島の回想会でした😃

 

最後に、、、
チェジュにはおしゃれなカフェがめちゃめちゃありました。カフェ巡るだけでも2日は行けると思います笑 日本よりも内装/外装ともに洗練されたものが多かったように思います。デザインに妥協がないといいますか、そんな感じの印象を受けました。来るべきX-Dayに向けて粛々とリサーチ進めていきたいですね✊