サウナ歴10年の人

サウナとビジネスの親和性を研究します。

工法開発/プロセスインテグレーションに求められるモノ

 今日は工法開発(プロセスインテグレーション)に関して書いていこうと思います。 電子部品・半導体はよく”摺り合わせ技術”って言われますよね?「新商品や品質改良に対し、どの技術をどう摺り合わせるかを考えること」が、工法開発です。

★必須スキル
必須スキルは”高校レベルの理系知識”だと思います。”仮説検証力”をする際、これがないと工法開発屋としてやっていくことは非常に難しいと思います。。

★仮説検証力とは?
文字通り、仮説を立て、その仮説をしっかり評価できるように評価環境構築・条件設定していくことです。ただ闇雲に評価するのではなく、”この条件で評価すれば少なくともこうゆう事は言えるよね”といったことを積み上げていき、”最も確からしい仮説”を打ち立てることが必要です。

★広い知識が必要なわけ
仮説を立てる際、漏れなく出来るだけ多く仮説を立てることが必要だと思います。多くの仮説を立てるためには、それだけの”広い視点”が必要です。物理・化学・生物・地学・数学・統計学etc.様々な視点を持って、現象・結果に対する仮説を立てる。これが非常に重要です。
 「カレーの味が昨日と変わっている」を例に仮説検証をするとしましょう。仮説としては、「暑いから腐敗した」「自分の味覚が変わった」など、色々考えられますね。これらの仮説を検証するために”再現実験”や”切り分け評価”があ必要になってきます。「暑くて腐敗した」のであれば、同じ気温で同じ調理方法で再現できるか。「自分の味覚が変わった」かを確認するためには、カレー以外のものでも別の味に感じるかを試すなどの切り分け評価ですね。

 

今日は私の仕事の一部をご紹介する形になりました。ご要望が有ればVol.2も書いていきたいと思いますので、コメント等いただけると幸いです。